れおでぃーのロードバイク日記

ロードバイクに関するあれこれを綴ります。

酢豚

未分類

疲労回復のために酢豚を食べるべき3つの理由

2016/09/19

れおでぃーです。最近すげー疲れてます。

いかに飼いならされた社畜といえども、休日出勤と残業続きでは持ちません。しかも夜中にこれ書いて睡眠時間削ってたらそりゃ疲れるわ。

平日に体力を使い切り、休日は寝るだけなんていう生活なにがなんでも避けなければなりません。休日はロードバイクに乗るんですよ!これから涼しくなってちょうどいいですし!

少しでも体力を回復すべく食事を改善できないか調べたのですが、酢豚が最強なんじゃないかとの結論に至ったので理由と合わせて書いておきます。

スポンサーリンク

adsense

1つ目の理由:豚肉だ、豚肉!!

豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれています。ビタミンB1は下記の理由で疲労回復に効果があります。

ビタミンB1は2つの理由から疲労回復の効果が期待されています。

1つ目は、ビタミンB1はエネルギー源である炭水化物をエネルギーに変換する働きがあるということ。米を主食にする日本人にとっては欠かせないビタミンといえるでしょう。

2つ目は、疲れの原因といわれる「乳酸」が体にたまるのを予防してくれること。乳酸は通常血液の流れにそって排出されるのですが、血液の流れが悪いと、乳酸が筋肉にたまってしまい、細胞の機能が低下し、疲労感を感じるようになるといわれています。また、慢性疲労になると、免疫力や抵抗力が低下し、風邪などをひきやすくなる可能性もあります。

「最近疲れやすい…」と感じる人は、ビタミンB1を多く含む食品を摂取しましょう。

出展:WELQ

炭水化物抜きダイエットが流行りですが、疲労回復という観点から見ると炭水化物をとったほうがよさそうですね。

2つ目の理由:合わせてクエン酸を取る

豚肉と一緒に食べたい食べ物:クエン酸

豚肉を食べすぎると、乳酸が体内にたまってしまいます。これは、疲れの元である「ピルビン酸」が増えて、体内の水素と結びついてしまうから。疲労を回復しようと豚肉を食べたのに、かえって疲れがたまってしまうことにもなりかねません。そこで効果的なのがクエン酸。豚肉とクエン酸を一緒に食べると、ピルビン酸がクエン酸に変わります。疲労物質を体から出すのもサポートしてくれるので、豚肉などのビタミンB1の多い食べ物はクエン酸の多い食べ物と一緒に食べましょう。

クエン酸の多い食べ物

クエン酸の多い食べ物は、

  • かんきつ類の果物(レモン、オレンジ、ミカン、グレープフルーツなど)
  • パイナップル
  • キウイ
  • トマト
  • お酢

豚肉をトマトソースで食べたり、梅肉を豚肉で巻いて焼いたり、豚しゃぶをポン酢で食べたり、トンカツにレモンをしぼったり。

豚肉はこれらの食べ物と一緒に食べると、疲労回復効果が高まります。

                                          出展:疲労回復の生活

豚肉+お酢!完璧な組み合わせだ!そしてパイナップル入りのほうが疲労回復には効果的だと!?酢豚に入っているパイナップルはクエン酸が合わせて取れるという存在意義があったのか!ビジネスメールの最初にいれる「お世話になっております。」と同じぐらいいらないんじゃね?ってずっと思ってたけど

3つ目の理由:さらに玉ねぎでアリシンを摂取する

玉ねぎに含まれているアリシンはビタミンB1と結合しアリチアミンとなることで、ビタミンB1の吸収促進やビタミンB1の働きを長時間持続させる作用があります。ビタミンB1は糖代謝に関わる酵素の働きをサポートする補酵素(チアミンピロリン酸/TPP)として働くことで、ブドウ糖のエネルギー変換・疲労物質の代謝を促進してくれます。ニンニクが疲労回復・スタミナ増強に役立つとされるのも、主にアリシンがビタミンB1の持続時間を伸ばしてくれるためです。

出展:slow-beauty

豚肉+玉ねぎはよく使われる組み合わせだけど、ビタミンB1を効率よく摂取する観点から非常に理にかなった組み合わせですね。世の中よくできてる笑

まとめ

これら3つの条件を満たす食べ物は酢豚しかないと思うわけです。まあでもこうやって考えると豚カツ(豚肉+レモン)とか生姜焼き(豚肉+玉ねぎ)とかも疲労回復によさそうですね。

とりあえず僕は明日の昼は、パイナップル入りの酢豚で飲み物はオレンジジュースにしようかなと思います。なんかこれ読んでる人は比較的朝が多いみたいなので、これ読んだあなたは今日の昼ご飯を酢豚にしましょう笑 酢豚とオレンジジュースって味としてはあんまり相性よくないよね。絶対お茶のほうがいい

-未分類