ロードバイクに関するあれこれを綴ります。

れおでぃーのロードバイク日記

LINEマンガでoddsとツールを無料で読む

 
LINEマンガ
この記事を書いている人 - WRITER -

ロードバイクも好きですがマンガも好きです。無料という響きも好きです。

つまり、無料でロードバイクに関するマンガを読むというのは、僕にとって好きなものが3重になっている状態なわけです。これは例えるならラーメンと餃子と炒飯が組み合わさった状態といっていいですね。日高屋のラ・餃・チャセットと同じです。この観点から考えると、LINEマンガと日高屋は同一です。

そんなLINEマンガで今oddsとツールがそれぞれ3巻まで無料で読めます。
[adsense]

LINEマンガってなんだ?

LINE マンガ - 無料で人気漫画を毎日更新

LINE マンガ – 無料で人気漫画を毎日更新
無料
posted with アプリーチ

1週間に1話ごと連載中のマンガもあるのですが、中には3巻無料になっているタイトルがあります。

oddsは11/14まで3巻無料である

oddsは競輪をテーマにしたマンガですね。

Odds(1)【期間限定 無料お試し版】 (ヤングサンデーコミックス)

主人公、辻堂麟太郎はかつて自転車のロードレース競技で高校選手権2位を獲り、将来を期待されていた選手であった。しかしこの高校選手権と時を同じくして母親と妹が自動車事故により他界、父親はいわゆる植物状態となってしまう。しかも父親が生き続けるには毎月20万円という費用がかかるのだという。麟太郎は一つの決断を下す。ヨーロッパに渡ってロードレースの選手となるという夢を一旦封印し、より手っ取り早く大金を稼げる自転車競技「競輪」の選手となるのだ。

麟太郎は苦しみながらも、ロードレース選手としての肉体を競輪選手としての肉体に改造することに成功し、競輪学校を卒業、晴れて競輪選手としてのデビューを迎えた。しかし麟太郎の金銭的負担は当初の目論見よりも更に増えていた。

麟太郎は当初、競輪を単なる金儲けのための手段としか思っていなかったが、競輪学校の仲間や先輩たちと研鑽を重ね競輪の魅力を肌で感じ、本格的に競輪に取り込む事を決意。終生のライバル藤沢悠はロードレース界の、麟太郎は競輪界の頂上「ラルプ・デュエズ」を目指す事を共に誓い合い、麟太郎はバンクを駆け抜けるのだった。

出展:wikipedia

主人公は元々屈指のロードバイク乗りだったのですが、家庭の事情により金のために競輪選手を目指す、、というもの。ちなみに一巻に書いてあったのですが競輪学校入試の実技試験のギア比は3.27だそうです。自分のスクルトゥーラ3000のギア比でいうと前50Tで後ろ15Tがギア比3.33なのでこの組み合わせがだいぶ近いですね。このギア比で固定とか死んでしまいます。

ちなみにoddsの続編であるodds GP!も3巻まで無料ですね。odds GP!は11/15まで無料です。

ツール!は11/17まで3巻無料である

ツール!はツールドフランス優勝を目指すマンガですね。

ツール!(1) (少年サンデーコミックス)

自転車選手の父を持つヒイロは、風を読むことに非凡な才能を持つ。その才能を見た父・勝は、ヒイロを連れてヨーロッパへ渡ることを約束をする。しかしその夢が現実になろうとした矢先、勝は突然の事故により命を落としてしまう。 そして7年後、ヒイロは父の遺志を継ぎ、単身フランスに渡る。世界最高峰のレース、ツール・ド・フランスの頂点を目指して。

出展:wikipedia

主人公の父親は自転車選手なんですが交通事故により命を落としてしまいます。父親の意思を継いで、、って展開なのですがメジャーみたいな展開ですね。っていうか父親を亡くしてから作中で7年経過するんですが、主人公のヒイロがイケメンになり過ぎてます。ストーリーも含めて腐女子とか食いつきそう

まとめ

odds、odds GP!、ツール!どれも3巻まで読みました。どれも続きが気になるので4巻以降を読みたいのですがLINEマンガだと定価で買わないと読めないんですよ。

紙で買えばどれも定価よりはるかに安いので電子書籍の定価で買う気がしません。紙で買うと一人暮らしの部屋を圧迫するしね、、紙でいったん買って紙の書籍を電子化するサービスを利用するかマンガ喫茶を利用するかですかねー、、、

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© れおでぃーのロードバイク日記 , 2016 All Rights Reserved.