れおでぃーのロードバイク日記

ロードバイクに関するあれこれを綴ります。

ロードバイク

これが初心者向け、、だと、、?大垂水峠に散る

2016/09/19

都内のロードバイク乗りにとって初心者向けの峠といったらまず出てくるのが大垂水峠。

東京と神奈川の県境にあり、高尾山口駅から近くにあります。

高尾山口までは走ったこともあり、初心者向けの峠と聞いていたので「まあ買って一か月も経ってないけど余裕でしょ」と思ってたのですが、これが大いなる勘違いでした。

スポンサーリンク

adsense

すげーきつい。まじできつい。

いや、ほんとにきついっす。冗談抜きで。

いや、たしかに僕はデスクワーカーで運動不足です。身長173cmに対し体重70㎏程度なので若干メタボです。

それでもネットでいろいろなブログなどを見る限り、大垂水峠がきついって書いてた人はいなかったんですよ。少なくとも僕が見た限りでは。「初心者向けでさくっと登れるぜ!余裕だぜ!」みたいな。まあそれらのブログを書いてる人は数年乗ってる人で、本当の初心者とは実力が圧倒的に違うので鵜呑みにするのは危険です。

それでも何とか足つきなしでクリア!!

大垂水峠の頂上

大垂水峠の頂上

つづら折りが続く中で「まだ終わんねーのか!!」と何度も心が折れそうになりますがなんとか登り切りました。

大垂水峠の石碑とロードバイク

大垂水峠の石碑とロードバイク

とりあえず、登りきったところで1枚。

いや、たぶんここ数年の中で一番しんどかったっすわ。日ごろ心拍数あがるようなことってないですし。上司に怒られる時ぐらい。

楽に峠を登るには休むダンシングだ!とか言うじゃないですか。

本当の初心者には無理です。まじで。そもそも立つのがしんどい。

あとは下るだけだ!ヒャッハー!!!!

なんとか登り切り休憩した後、下って帰ることとします。自宅を出た時点では「神奈川の相模湖まで行って帰ってくるかなー」ぐらいに考えていたのですが相模湖まで行った場合、もう一度大垂水峠を超えなければならないため体力的に無理と判断し、戦略的撤退をすることとしました。これは逃げたのではない!戦略的撤退である!繰り返す!これは逃げたのでは(ry

もういい大人だからね!無理はしないよ!!

無理はしないよおおおぉぉぉぉおおおお!!???!!

えー結論から言いますと無理をしました。帰るために登った道を下ってたんです。

そうするとスピードが出るじゃないですか。

それも平地で自分の力だけじゃ絶対でないようなスピードが出るじゃないですか。楽しくなってくるじゃないですか。

つづら折りで曲がり切れなくなるじゃないですか。

急ブレーキするじゃないですか。

ジャックナイフになるじゃないですか。

ジャックナイフ例

ジャックナイフ例

(ジャックナイフっていうのはこの画像みたいに後輪が浮き上がることだよ!とっても危ないからよい子はマネしちゃだめだよ!僕は後輪が垂直になるぐらい上がったよ!)

一回転前転して落車するじゃないですか。

右腕、右足、腰、あごを怪我しました。

右ひじから落ちたっぽいですね。一番傷がひどいです。これを書いてる時点で怪我をしてから3週間以上経ってますが、まだ完治する気配がありません。

落車した時は通りがかった車の人にも声をかけられるし、親切なロードバイク乗りの方がばんそうこうをくれるなど人のやさしさに触れました。

いやーしかし大垂水峠は交通量が多いので車やらオートバイやらがよく走ってるんですが、轢かれなかったのは不幸中の幸いですわ。

スクルトゥーラ3000のサドル

スクルトゥーラ3000のサドル

サドルがえぐれてます。写真は残ってないですがサイクルジャージもダメにしました。ネタになるから写真撮っとけばよかった

結局この後は、高尾山口まで自走してから常に携帯している輪行袋で帰りました。

まとめ

  • 大垂水峠は初心者向けの峠と紹介されるが、本当の初心者が挑むと死ねる
  • 下りは簡単にスピードが出るが調子に乗ると事故る
  • いかに自転車お守りがあろうともブレーキを交換していようともスピードの出しすぎは危ない

-ロードバイク
-