れおでぃーのロードバイク日記

ロードバイクに関するあれこれを綴ります。

チャムスのキーコインケース

ロードバイク

ロードバイクに乗るなら財布はサイクルジャージに入れよう

ロードバイクに乗るときに意外と悩ましい問題が「財布をどうするか?」じゃないでしょうか。

実際に自分が今まで見た人の中では

  • 普段の財布のままでバックパックなどに入れる
  • ジップロックに詰めてサドルバッグやサイクルジャージに入れる

人などがいましたが自分としてはロードバイク用の財布を使うべきだ!と強く主張したいです。

スポンサーリンク

adsense

なぜわざわざロードバイク用の財布が必要なのか?

これは僕の考えなんですが趣味で乗っている以上は快適に乗りたいと思うわけですよ。ヒルクライムに行くにしてもロングライドに行くにしても。そのためには可能な限りものを背負いたくないわけです。

実際、自転車通勤の際はカバンを背負って走りますが正直疲れますねー着替えやらパソコンやらで重くなってるのもありますけど背中にものを背負うか背負わないかはかなり体感が変わります。

ロードバイク用の財布に必要な条件は何か?

僕の考えでは以下の3点です。

  1. サイクルジャージに収まるサイズ
  2. 鍵をつけられる
  3. 各種カードが入りかつ改札にタッチしやすい

1はバックパックを背負うことがないようにですね。サドルバッグにいれてもいいんですが、休憩の度に取り出すのは面倒かなと。サイクルジャージに入れるのがベストだと思います。

2はキーケースを持ち歩かなくても済むようにですね。日ごろは財布とは別にキーケースを使っていますが、ロードバイクに乗るなら家の鍵と自転車のロックの鍵ぐらいで十分ですからね。2本ぐらいのためにキーケースを財布と別に持つなら、鍵をつけられる財布を使うべきだと考えます。

3はカードケースを持ち歩かなくて済むように+輪行時のことを考えてです。ここで持つべきカードは下記の4種類かなと。

(1)保険証⇒万が一事故にあったことを考えると持つべきだと思います。
(2)交通系電子マネー(PASMOなど)⇒主に輪行の際に使います。自転車持ちながらいちいち切符買うなんて耐えられません。
(3)キャッシュカード⇒現金が必要になったときに。トラブルがあっても現金があれば大抵の問題は解決できます。
(4)クレジットカード⇒コンビニの支払いなどに使います。電子マネー派の人や現金派の人は不要ですが少額の支払いでもクレジットを使う僕にとっては必須です。

3の改札へのタッチのしやすさを除けば、ジップロックに詰めてサイクルジャージに入れる方法でも特に不便はしないかもしれません。僕は輪行を結構するので改札へのタッチのしやすさは非常に大事です。

チャムスのキーコインケースが最適解じゃないだろうか

ロードバイクに乗る人の中ではかなり有名だと思いますが、僕はチャムスのキーコインケースを使っています。上記に挙げた条件はすべて完璧にクリアできます。Amazonの評価も高評価ですし、ブログを書いている人の中でも使用者は多いのではないでしょうか。

チャムスのキーコインケース

img_7786

キーコインケースなので当然鍵をつけられます。付けた鍵は財布にちゃんと収まります。img_7788

こっちは小銭入れですね。

img_7787

裏側は透明窓になってますね。榎本牧場のポイントカードを常に入れてます。

img_7789

透明窓の中には仕切りがあります。僕は外側にカード類、内側にお札を入れてますね。財布ごと改札にタッチできます。

img_7790

img_7791

サイクルジャージにもすっぽり入りますね。サイズ的にも違和感のないサイズです。

まとめ

使用者の多いアイテムには外れがない(確信)チャムスのキーコインケースは現在使用している限りでは特に不満はないですね。非常に気に入ってます。

強いて欠点を挙げるなら小銭が若干取り出しにくいってことと完全防水じゃないってことぐらいかなー小銭の口があまり大きくは開かないんですよね。まあでも基本的にクレジットカードを使うのでそれほど気にならないし、防水に関してはそもそも雨天走行は基本避けるしそんなに気にならないかなー雨天走行で鶴峠行った時も特に浸水したわけじゃないしね。

というわけでロードバイク用の財布に悩んでる方がいましたらチャムスのキーコインケースはかなりオススメです!

-ロードバイク
-